グルタミン

グルタミン

グルタミンはアミノ酸の一種です。正式名称を2-アミノ-4-カルバモイル酪酸と言います。1883年、サトウダイコンの搾りカスから発見されました。筋肉中のアミノ酸の約60%を占めていて、体内のエネルギー代謝にとても大きな役割があります。

 

体内で合成される非必須アミノ酸は体内の生成量では不足されがちです。その為、準必須アミノ酸として分類されることがあります。

 

※非必須アミノ酸とは、体内で合成可能なアミノ酸のことを言います。グリシン、アラニン、セリン、アスパラギン酸、グルタミン酸、アスパラギン、グルタミン、アルギニン、システイン、チロシン、プロリンの11種類。また、体内で合成できないアミノ酸のことを必須アミノ酸と言います。

 

グルタミンには副作用はあるの?

グルタミンは健康食品に分類されるので、適切な摂取量を守っていれば副作用の心配は無いでしょう。ただし授乳中や妊娠中の方、持病やアレルギーをお持ちの方、服薬中の方は慎重に摂取したほうが良いと思います。医師の診断を仰いだ上で飲みようにご注意下さい。

 

 

グルタミンの4つの効果

グルタミンは主に筋トレをする人が好んで摂取します。様々な効果がありますが、その中でも4つを紹介します。

 

消化機能をサポート

腸管には栄養を吸収する柔毛という組織があり、グルタミンはその柔毛の栄養源となります。その為に、グルタミンを摂取すれば腸の働きが良くなって消化吸収が盛んになります。そのため、ビルドマッスルHMBに含まれているHMBやBCAAなどの他の成分の吸収も良くなります。

 

免疫力を高める

体をウイルスや細菌から守ってくれる効果があります。インフルエンザウイルスにも負けないという作用があります。筋トレなどをすると免疫力が下がり、風邪をひきやすい体になってしまいます。

 

グルタミンを摂取すれば、健康でいながらトレーニングが出来るようになります。更に、風邪のひき始めに多くのグルタミンを摂取したら風邪がすぐに治ったという声もあります。

 

筋肉の分解を抑える

運動をしたら筋肉内のタンパク質が分解されて、エネルギーとして使われます。そんな時に運動をする前にグルタミンを摂取すれば、筋肉の分解を抑えてくれます。そして、筋肉を強化することに繋がるのです。

 

アルコール代謝を促進する

アルコールの代謝を促進して、二日酔いを軽くしてくれる効果があります。二日酔いの原因といわれるアセトアルデヒドという物質の血中濃度を下げる効果が認められています。
肝臓の働きをサポートしてくれるので、飲み会が続いた時には大きな効果が得られると思います。

 

グルタミンを摂取するタイミングは?

グルタミンを摂取するタイミングとしては、トレーニングの前後や筋トレ中が良いと言われています。ビルダーさんの中にはトレーニング中、こまめにグルタミンを摂取している方もいます。トレーニングがハードな方は、たくさん摂取するのも良いと思います。また、筋トレをしない日なら食後に摂取するのが良いでしょう。消化吸収を助けてくれるので、胃腸が弱い方には特におすすめしたい成分です。